>

美容室の質は見た目である程度判断できる

美容師が分かりやすいオーダーの仕方

例えば背中ぐらいまであった髪を肩ぐらいまで切りたい時、どのように伝えますか?
肩ぐらいまで切ってください、で通じそうですが、もっと分かりやすく伝えるには、これぐらいまで切ってください、と手で長さを示しながら言うことです。
肩ぐらいまで、だと、その「肩」がどのあたりのことを指すのか少し悩みますが、手で長さを示してもらえると一目で分かります。
あとは、気に入った髪形があれば、その写真を見せてしまうのが一番分かりやすいです。
自分の髪質と毛量で可能かどうかの判断も、プロの視点から適格なアドバイスをもらえます。美容師側も一目瞭然で分かりやすいし、出来る限りの技術を駆使してその髪形に近づけるようにしていくことと思います。

空間がお洒落な美容室と親切な美容師

美容室の外観はお洒落でなくても腕の良い美容師は沢山いますが、何というか、やっぱり美容室全体の雰囲気は大切だと思います。
その雰囲気だけに料金を支払っても良いと思えるほどの美容室ならば、私は特にこだわりの髪形はないので、それだけで満足です。
正直なところ、なりたい髪形の写真を持って行けば、どの美容師もプロですからそれなりに仕上げてくれると思うのです。
手狭な美容室でも、内装を工夫すれば広い空間は演出出来ますし、美容師に親切丁寧に対応してもらえれば、満足度は格段に上がります。実は思った通りではなくても、なぜこうしたのかを分かりやすく説明し、了承を得ながらであれば納得も出来るのです。自分のことをよく観てもらって、自分に一番似合うと思って切ってくれたと分かれば、これが自分にとってベストなのだと満足することが出来ます。
そしてイメージチェンジする前から、過剰な期待はしないほうが無難です。


この記事をシェアする